広告

副業

Googleアドセンス合格に向けて無駄だった15の対策をご紹介

投稿日:

アドセンス

ブログを始めたばかりの初心者が最初に立てる目標

・毎日更新する
・100記事ブログを続ける
・Googleアドセンスに合格する

上記のような目標を掲げて、ブログを頑張る人も多いのではと思います。

私も今年の4月末にこのブログを開設し、

「Googleアドセンスに合格して収益を得ること」

を目標に、ブログ記事の更新を頑張ってきました。

しかし結果として、今でも合格することはできておりません。
この記事の結論になりますが、私は一旦アドセンス合格に執着することを諦めました。

今回の記事では

・審査不合格の理由
・アドセンス合格の対策で無駄だった15の事
・アドセンス合格に対する個人的な意見

を解説していきたいと思います。

審査不合格の理由

価値の低い広告枠

つまり、「似たような記事が既にGoogleにあるよ」ってことを言われています。
例え誰かの記事をコピーしたわけではないとしても、
「同じテーマ」「同じ内容の記事」をただ単に作成するだけでは

「コピーされた記事」と認識されてしまい、
結果「価値の低い記事」と判断されてしまうことになります。

上記やアドセンス合格に向けた対策は、プロフェッショナルな専門家や
直近で合格をもぎ取ったブロガーがインターネット上にたくさんいますので、
Youtube/Google検索/Twitterなどで調べれば情報を得ることが出来ます。

私も必死に調べて下記のことを実践しました。

アドセンス合格に向けてやってみた15の事

・固定ページをNoindex
・オリジナリティのあるタイトルにする
・アイキャッチ画像を工夫する
・類似記事を1つにまとめる 
・インデックスされている不要な記事を削除申請する
・全記事をコピペチェックし20%以下へする
・カテゴリを絞る
・一部の記事を非公開に変更する
・アフィリエイトリンクを全て削除する
・画像に代替えテキスト(alt属性)を入力する
・全ての記事に内部リンクを入れる 
・複数の記事で同じ画像を使わない
・プロフィールを充実化させる
・お問い合わせ、プライバシーポリシーを分かりやすい位置へ置く 
・記事の内容を充実化させる

結果、変わらなかったんですけどね。

不合格の理由を推測

独自性(オリジナリティ)を出すことが出来なかったからだと推測しています。


色々調べてみて気づいたことがありますが、
評価されるブログは専門性があることに加え、他のサイトとは違う独自性を感じています。

Googleに良い評価を頂くうえで、周りと同じジャンルで記事を書く場合は
「差別化」を意識しないといけません。

例えば、「Googleアドセンスに合格する方法」の記事は現在、
インターネット上で数150万件ほど存在しています。
この状況の中で新規に「Googleアドセンスに合格する方法」を記事に書いたとして
その記事は150万件の既存の記事では得ることが出来ない情報は含まれているでしょうか。

ほぼ同じような内容だとGoogleに判断されてしまったら、
その記事はGoogleにとって「価値のない記事」なのです。
どれだけ記事制作に時間をかけようが、関係ありません。

つまり、アドセンスに合格する為には「オリジナリティ溢れる記事」を書かなければいけません。

上記の「Googleアドセンスに合格する方法」を例にしてみると
逆に「Googleアドセンス合格で無駄だったこと」は8万件ほどしかありません。
オリジナリティの観点で考えると、後者の方がGoogleに評価される内容だと私は思っています。

アドセンス不合格を繰り返して思ったこと

約1ヶ月間、ブログの修正⇒再申請を繰り返していましたが、結果は変わりませんでした。

審査される記事の対象を少なくするために、自信作の記事3つだけを残して、
他は全て非公開にしたこともありました。(結果変わらず)

不合格のメールを数回受け取る中で、こんな感情が芽生えていました。

・いつ連絡が来るか分からない不安
・連絡が来るまでブログを更新できないことによるモチベーションダウン
・不合格理由の曖昧さによる焦燥感

たーぼう
たーぼう

私はアドセンスに執着するのが疲れてしまいました。

収益化することが一つの目標ではありましたが、アドセンス合格を追いかけ続け、生まれてしまった上記の感情。

折角始めたブログ、書きたいこともかけない状況が嫌になってしまいました。

もし私と同じ境遇にある方がいたら、一度深呼吸して下記のことを振り返ってみてください。

・ブログを開設した目的
・現状の行動と成果(結果)
・これから頑張らないといけない事

Googleアドセンスに執着することだけが、目的ではなかったはずです。

-副業
-

Copyright© 凡人の挑戦 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.