広告

マネーハック

自宅で氷点下のジュースを飲む方法!フリージングタンブラーを紹介します。

投稿日:

氷点下

全国も梅雨に入り、じめじめと蒸し暑い日々が続いております。

今日も日中は30°近い気温で、太陽ギラギラ・・・
夕方、帰宅するタイミングに狙ったかのような土砂降り・・・

自宅に帰ると、ドッと疲れますよね

・暑いとき
・じめじめしてるとき
・疲れているとき

飛びっきり冷たい飲み物が飲みたくなりませんか?

私はこの時期になると、フリージングタンブラーを使用します。

このグラスを使用すると、凍るか凍らないかの瀬戸際の温度で飲み物を飲むことが出来ます。これが、あっつい時期に最高に活躍します。


本日は私が普段使用している、オススメの氷点下グラスをご紹介します。

フリージングタンブラー

こちらのタンブラーです。
実際に使ってみた写真を使用しながらポイントを紹介していきます。

事前準備:冷凍庫で凍らせておく

こちらの商品、グラスの内側に保冷剤がはいっておりますので、
使用前に冷凍庫に入れてカチコチに凍らせておきます。

冷凍庫から取り出したらこんな状態。グラスの内側は冷凍庫よりも冷えてます。

グラス内の温度は”氷点下”

グレープジュースを注いでみました。

既にジュースの周りが凍っているのが分かります。

このグラスの最大の特徴になりますが、
飲み物を注いだ瞬間から、あっという間に氷点下に達します。
公式情報によると、約60秒で-1°に達するとの事・・・恐ろしい程の冷却効果です。

普通のグラスであれば、時間が経つとともにぬるくなっていきますが

このグラスに関しては注いでから数分の間、更に冷たくなります。

この通り、グレープシャーベットの出来上がり

暑いときは、このフローズン状態のジュースが最高に美味いんですよね。

そしてこのグラス、部屋の中で1時間以上経過しても飲み物がぬるくなりません。
飲み物は冷たくないと美味しくない!そう思うあなたにオススメします。

このグラスの悪いところを紹介

一般的なグラスよりも重い

このグラス、重量が約600gあります。

こちらのサントリーのジョッキが公式情報によると約520gとの事ですので、

フリージングタンブラーの方がジョッキよりもやや重いです。

私は気になりませんが、女の人や子供には少し重いと感じるかもしれません。。

気づいたら凍ってることがある

冷却能力の高さが故に、「飲もうと思ったらもう凍ってる!」なんてことがたまにあります。
特に凝固点が高い飲み物は注意です。

例えば、水やお茶をこのグラスで飲もうとすると、凍る速度が速いです。
逆にジュースやアルコールは凝固点が低いため、割と凍りづらく
凍るか凍らないかの瀬戸際の温度で、美味しくいただくことが出来ます。

たーぼう
たーぼう

この暑い夏、是非お試しください

-マネーハック

Copyright© 凡人の挑戦 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.