広告

学歴コンプレックス

【裏技】高卒しか持っていないメリットを最大限に仕事に活かす方法【VS大卒】

更新日:

高卒VS大卒

就職をする上での学歴とは、その人がこれまでにどのような教育を受け、どれだけの教養があるかを確認する為の、一つの判断基準になります。

一般的に高卒よりも大卒のほうが勉強できる期間が長く、
より専門的な教養を身に着けることが出来る為、
高度な知識を必要とする大手企業や研究・開発職などは大卒の採用がほとんどなのが現実です。

一方で、社会に出てから「仕事ができる人」と判断されるのは「学歴」ではなく「実力」です。

我々高卒には「大卒には持っていないメリット」があります。

今回の記事では、高卒が大卒に引けを取らない活躍をするための方法を解説します。

<今回の記事でわかる事>
・高卒と大卒のメリット・デメリットは?
・高卒にしか持っていない最大のメリットとは?
・メリットの活かし方(具体例)

高卒と大卒のメリット比較

高卒のメリット・デメリット

メリット
・大卒よりも4年早く、社会経験を積むことが出来る
・大卒より早く自立できる

デメリット
・職種によっては応募すらできない案件がある
・一般的に生涯獲得できる賃金が大卒より低い(統計上)

大卒のメリット・デメリット

メリット
・高卒よりも基礎学力が高い
・就職先を深く考える時間がある

デメリット
・多額の学費がかかる
・4年間を台無しにするリスクがある

どちらにもメリット・デメリットがあります。

私が思う大卒の一番のメリットは、
「自分の人生設計を考える時間があることと、挑戦できる職種の選択地が多いこと」です。

仕事を決めることは、人生最大の選択のうちの一つです(残りは結婚ですね)

  • 充分な時間を費やして人生設計をし、
  • 必要なスキルと学力を磨き、
  • 幅広い職種の中から理想の仕事を決定できる

これが可能であることが大卒の最大限のメリットだと私は考えます。
(逆に、大学に行ってもこれらのことが出来ないと全く意味がないと思っています)
高卒の場合だと、流れるように社会に出されてしまうので・・・
自分の将来と仕事について考える時間があまりにも少ないのです。

高卒にしか持っていない最大のメリットとは

たーぼう
たーぼう

大卒よりも4年早く、社会経験を積むことが出来ることです

これは、どんなに優秀な大卒でも持ち合わすことが出来ない最大のメリットだと思っています。

大卒が4年間大学に通って勉強している間、我々は4年間、会社で働いています。
この4年間の社会経験により、実感はなくとも大きな付加価値を生んでいるはずです。
これは、どんなにくだらない仕事だとしても変わりません。

例えば、高卒工場勤務の場合


・仕事で怒られた経験
・リーダーの指示を受けた経験
・現場作業の経験
・仲間と協力して仕事をした経験
・後輩の面倒を見た経験(2年目以降)

誰もがこのような経験を積んでいると思います。

この経験を理解し、どのように活用するかが重要になってきます。

メリットを活かす

上記であげた経験は「大卒が持ち合わせない高卒の最大の武器」です。
この武器を使って、大卒には出せない魅力を発揮するために
これらの経験を「仕事に活かす」ことが重要です。

経験しただけだと、何の意味もありません。

仕事に繋げることで、初めて成果なります。

じゃあ、どうやって活用するの?

具体的なメリットの活かし方

先ほどの工場勤務の例に則って解説します。

仕事で怒られた経験
<学んだスキル>
・打たれ強さ/強固なメンタル
・原因分析
・自治力(自分を管理する力)

リーダーの指示を受けた経験
<学んだスキル>
・仕事を正確に受け取る力(傾聴力)
・メモの取り方
・報・連・相

現場作業の経験
<学んだスキル>
・専門的な現場スキル(機械の動かし方など)
・生産現場のスピード感
・現場の辛さと忍耐力

仲間と協力して仕事をした経験
<学んだスキル>
・仕事仲間とのコミュニケーション能力
・仕事の達成感、やりがい
・良好な人間関係

後輩の面倒を見た経験(2年目以降)
<学んだスキル>
・部下育成の経験・マネジメント
・分かりやすい仕事の伝え方、教え方
※仕事を教えられるレベル=その能力はベテランという事

上記経験をまとめてみます。

<4年間の工場勤務で学んだスキル>
・打たれ強さ/強固なメンタル
・原因分析
・自治力(自分を管理する力)
・仕事を正確に受け取る力(傾聴力)
・メモの取り方
・報・連・相
・専門的な現場スキル(機械の動かし方)
・生産現場のスピード感
・現場の辛さと忍耐力
・仕事仲間とのコミュニケーション能力
・仕事の達成感、やりがい
・良好な人間関係
・部下育成の経験・マネジメント
・分かりやすい仕事の伝え方、教え方

たーぼう
たーぼう

何気なく仕事をしていた4年間でも、実はこんなにたくさんのことを学んでいるんです。

しかもこれらは全て、会社に勤めるうえで重要なスキルです。

新卒の大卒と4年間の現場経験がある高卒、
仕事の経験の差がどれだけ大きいか一目瞭然だと思います。

話は逸れますが、ZOZOTOWN創業者の前澤さんだって高卒です。

あの人もバンドマン時代に経験したノウハウを活かして起業に挑戦し、大成功を果たしています。

たーぼう
たーぼう

経験は成果に繋がる導線です!

皆さんも、自分の仕事の経験と得られたスキルを振り返ってみましょう。
そして、その経験をどのように仕事に活かすことができるか考えてみましょう。

経験を最大限に発揮することが出来れば、間違いなく高卒のほうが「仕事が出来る人」です。

以上、たーぼう@taaboublogでした。

-学歴コンプレックス
-, , , ,

Copyright© 凡人の挑戦 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.