広告

学歴コンプレックス

【753現象】高卒は入社3年以内に半分が会社を辞めます。理由と対策を解説します【退職理由】

更新日:

皆さんは会社に入社した時、同じ時期に入社式を挙げた仲間が何人いたか覚えていますか?

  • 今も同じ職場で働いている
  • 入社式以降、会っていない
  • いつの間にか退職した・・・

なんてことがあると思います。

私の場合は同じ時期に入社した同期が20人いましたが、1年毎くらいにポツポツと辞めていき、現在は9名になりました。

会社に入社して、会社を辞めるまでの期間は、学歴と関係性があると言われており、

これは一般的に753現象と呼ばれています。

<この記事でわかること>
・753現象って何?
・学歴と会社を辞める割合の関係
・753現象に抗う為には?

753現象とは?

七五三現象(しちごさんげんしょう)とは、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のこと。 7・5・3現象とも表記する。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E4%BA%94%E4%B8%89%E7%8F%BE%E8%B1%A1@Wikipedia

つまり、同じ時期に100人の新入社員が入社したと仮定すると、3年以内には

  • 中卒・・・70人
  • 高卒・・・50人
  • 大卒・・・30人

会社を辞めてしまうという事です。

この傾向は2000年~現在まで、多少の数値の推移はあるものの

ほぼほぼ、7:5:3の割合で変わりなく、わりと信憑性のある法則だと思います。

どうしてこういう現象が起きる?

理想と現実のアンマッチに耐えられないから

会社に入社して、働き始めたものの

  • 仕事の内容が合わない
  • 思っていた仕事と違う
  • 仕事が面白くない
  • 人間関係が合わない
  • 思ってたより給料が少ない など

上記のような悩みを抱えることで、人は会社を変えたくなります。
そして、これらの仕事に対する耐力は一般的に学歴に比例すると言われております。

しかしこれは間違いで、正確には学歴の高さではなく
直ぐに仕事を辞めてしまう原因は「仕事に対する価値観の違い」が大きく関係しています。

就職にどれだけ悩んだか?

一般的に高校生より大学生のほうが、就職は苦労します。
高卒の場合だと企業からの応募数が多く、学校の推薦でサクッと入社できてしまうことが多いため、あまり会社のことを知らずに入社してしまうケースが多いです。


その為

  • 働く会社をよく知らない
  • 就職する理由も曖昧
  • とくにやりたいこともない

こんな状況で働き始める事が多く、

結果として理想とのギャップを感じ、退職してしまう事が多いのです。

大卒の場合は高卒よりも、就職に悩む時間が多いです。
その為、就職先を決める上では、会社をよく調査し、会社を良く知った上で就職先を決めます。
つまり、入社後のギャップは高卒よりも感じにくく、また、苦労して入社をしている分、仕事に対するモチベーションが高卒よりも高い傾向にあります。

すなわち

  • 仕事のイメージの明確化
  • 仕事に対する意識(モチベーション)

これらの違い =(イコール) 離職率の差 になります。

753の法則に抗う為の対策

入社前:徹底的に会社を調べ、徹底的に悩もう

徹底的に悩みましょう。

あなたは、これから40年以上働く会社を決めないといけません。

人生の最大の選択といっても過言ではありません

適当にサクッと決めず、しっかりと悩むことが重要です。

  • 会社の事業内容は?
  • 類似企業との比較
  • 今後の将来性
  • 自分が就くと思われる仕事の内容
  • 必要になるスキル
  • 今後勉強しないといけない事
  • 夜勤はあるか
  • 夜勤の際、生活に不都合はないか
  • 出張や出向はあるのか
  • 引っ越しに不都合はないか
  • 給与はどれくらい貰えるのか
たーぼう
たーぼう

入社後にギャップを感じないように、イメージを明確化することが重要です!

入社後:現状と理想を見直そう

会社を辞めることは悪いことではありません

重要なのは「会社に勤める理由」と「現実と理想のギャップ」をハッキリさせることです。

そして、これに早めに気づくことが重要です。

理想とギャップを振り返り、そのギャップが今の会社に勤めながら解決できるか考えてみましょう。

例:理想と現実のギャップ

例えば、このような解決方法があると思います

  • 自分のやりたい仕事ができる会社へ転職する
  • 副業を始める
  • 昇格できるように、勉強する
  • 夜勤を辞めさせてもらえるよう上司に相談する

どれを選択するもヨシ!です。重要なのは方向性を見つけることです。

方向性を見つけて、結果、退職の道を選択することは間違いではありません。

たーぼう
たーぼう

理想とのギャップを感じないように徹底的に悩むところから始めましょう!

以上、たーぼう@taaboublogでした。

-学歴コンプレックス
-, ,

Copyright© 凡人の挑戦 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.